Yet Another JUGEM.
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 産経学園@自由が丘にて『母の日のモスワーク』レッスン開催 | main | 5月9日(土)『メレンゲの気持ち』にMARIE出演します☆ >>
バレリーナ 谷桃子さん
先日 谷桃子さんの告別に参列させていただきました。




谷桃子さんは わたしが10年前までやっていた碑文谷の『TRATTORIA caco』に
月に何度もいらっしゃってくださる常連のお客様でした。

その時はお歳は存じ上げなかったのですが、94歳でお亡くなりになったということは
80歳〜84歳まで来てくださっていたという感じです。

わたし自身は子供の時に 福岡で内藤バレエ団に所属していて、その時から
東京の『谷桃子バレエ団』のことはよく聞いていて
うちのお店に まさかあの『谷桃子さん』がいらっしゃるとは
その時はびっくりで、そしてわたし自身のお店の自慢だったんです。

あのお歳まで、イタリアンのフルコースを好き嫌いなく
いっぱい召し上がっていらっしゃったから
こんなにいつまでもお元気で 90歳までバレエの指導をされていらっしゃったのかも
しれません。


↑90歳まで指導されていた時に使われていた椅子。



告別式は真っ白なお花のところにドウダンツツジがたくさん飾られていて
爽やかな雰囲気が 谷桃子さんらしく素敵でした。

そしてこの式の時に 谷桃子さんのバレエを始められたきっかけや功績のお話を
伺って、女性でをひとつのことにここまで打ち込んでやり遂げられた
その人生に感銘を受けて 自分の今の状態やこれからの人生を考えさせられました。


↑戦後のバレエを発展させられた頃の写真です。


ほんとうにすごいですね。

たくさんの生徒さんやわたしの友人と話ををしていて
子育てだけが自分の生き甲斐にしている人も
仕事を生き甲斐にしている人も
趣味を生き甲斐にしている人も
いろんな人がいて それぞれが自分が幸せだと思えばそれが
一番幸せな人生だと思います。

谷桃子さんはわたしの憧れであり、人生の目標にしたい方です。
もっともっとお店でいろんなお話がしたかった・・・・
と今となっては思いますが
自分が後悔することなく 一生懸命毎日を過ごしたい、
改めて自分を見つめ直すいい時間でした。

谷桃子さん 本当にありがとうございました。




 
COMMENT









Trackback URL
http://diary.caco.cc/trackback/1107633
TRACKBACK