Yet Another JUGEM.
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5月14日(土)のイタリア料理レッスンの時間変更のお知らせ | main | 7月・8月のレッスン休講のお知らせ >>
碑文谷ダイエー
2016年5月5日(木)21時をもって 碑文谷ダイエーが閉店・・・・




接点のない方にとっては、まーーーーったく興味のない話だと思いますが
わたしが、1997年8月 26歳の時に当時『Import selections&cafe caco』
オープンさせるに当たって 『碑文谷』という場所を選んだのには
この『碑文谷ダイエー』の存在が大きかったのは事実です。

ここのダイエーは750台の駐車場を完備していたから、
わたしのお店のお客様が予約の電話をされる時に
『駐車場ってありますか?』
の回答に
『はい、750台ありますよ!』
って言っていたことも!



その当時は『碑文谷ダイエー』というと、日本一売り上げをあげる
ダイエーとして有名で、行く度に誰かしら芸能人に遭遇していたんですよ。

『碑文谷(ひもんや)』は、最寄り駅が東横線の学芸大学なんですが、
徒歩10分以上歩く 陸の孤島。
サレジオ教会や有名私立小学校もいくつかある
閑静な高級住宅街なのに、ダイエーという庶民的な7階建てのスーパーが
存在しているって面白いところでしょ?

30歳で『Trattoria caco』にリニューアルしてからも、碑文谷のダイエーは
なくなった食材の調達に まるで近くの大きな冷蔵庫のように走って
買いに行ったものです。私用を含めて ほんと毎日のように。



ダイエーホークスが優勝した際には、優勝セールの為に開店前から行列。
その来客数に便乗するかのように わたしのお店の売り上げも3倍になったり、
はたまた、わたしのお店がテレビで特集で取り上げられると、
『cacoってどこですか?』とものすごい人数の方に聞かれました!
とダイエーのスタッフに言われたり・・・・で、いつしかダイエーの職員
の方と仲良くなったりしてました。

ダイエーが閉店するって聞いてはいたのに、閉店日を知ったのはほんの数日前。

わたしが11年前にお店を辞めた頃の活気は どんどんなくなって来ている事は
感じてはいたけれど、ダイエーがなくなったら、もう碑文谷に行くことは
ほとんどなくなるかも・・・・寂しいけれど。

閉店まであと3日の店内は、品物があまり残っていなくて、
本当に最後なんだなぁと、目で実感させられました。



わたしがお店を始めて5年目くらいの時に、
ダイエーの2階に『スタバ』が入ったんです。
わたしのお店は、ランチもディナーも
そしてカフェタイムもずーーーーーっと営業していたから、
『スタバができるとcacoさんのカフェのお客様が取られるんじゃない?』と
常連さんによく言われていました。
わたしは、『コンセプトが違うし、全く競争を感じていない!』と強がって、
もちろんダイエーのスタバでコーヒーを買ったことは なかったです。
でも今日 初めてスタバに入って、ゆっくり座って19年前の自分を振り返り
しばらく黄昏れていました。



本当に書ききれないくらい ダイエーにはいっぱいの想い出があります。
わたしの一生の宝物の『Trattoria caco』の想い出のひとつです。
じーんと、じーんと左胸が痛いです。

本当に本当にありがとう!!その言葉に尽きます・・・・






 
COMMENT









Trackback URL
http://diary.caco.cc/trackback/1107680
TRACKBACK